学校   古居校長

 

島根県立大社高等学校のHPをご覧いただきありがとうございます。

 

 本校は、1898年(明治31年)に簸川郡立島根県簸川尋常中学校として創設され、昨年には創立120周年を迎えた歴史と伝統を誇る学校です。近くには、出雲大社や古事記に登場する国譲りの舞台となった稲佐の浜もあり、神話が息づく地域で育まれてきました。また、本校を見下ろす出雲北山の峰々、日本海からのさわやかな潮風、隣接する緑豊かな浜山公園などの豊かな自然に囲まれ、落ち着いた環境の中にあります。卒業生は約27,000名を越え、地元はもちろん国の内外でご活躍されています。

 普通科17学級と県内唯一の体育科3学級があり、今年度は763人の生徒で様々な諸活動に取り組んでいきます。普通科は、多様な進路希望に対応できるコース制をとり、放課後の補習や個別指導、少人数指導を充実させ、個々の生徒の力を伸ばす工夫をしています。体育科は、全県のみならず県外からも生徒が集まり切磋琢磨しています。運動の合理的な実践を通して高度な運動技能を習得し、心身ともに健全な人間の育成に資するとともに、体育・スポーツの振興発展に寄与する能力と態度を育てています。

 

 地域社会における自校の使命(ミッション)は、

「郷土に思いをいたし、こころ豊かで、たくましく生き抜く実践力のある人材を育成する」

 使命の追及を通じて実現しようとする自校の将来像(ビジョン)は、

・ 文武両道により生徒の夢・目標が実現できる学校

・ 地域との連携を深め地域の期待に応え、地域から信頼される学校

 

と定め、全教職員一丸となって取り組んでまいりたいと思います。このホームページを通して、本校教育の推進に皆様方の温かいご支援・ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

 

2019年     4月

島根県立大社高等学校

校 長 古 居  晃